情報発信は、ゆるくいこう!

情報発信について、目からうろこだった。

どうも、情報発信について固く考えていた。
正しいことを・・・、
データをしっかりと知って・・・
自分の意見を言って・・・
感覚的ではなく、理論的に考えて・・・

などなど。

玉樹さんが言うには・・・

そうじゃない。もっとゆるく行こう。
筆まめとか、話し好き位の感覚でOKなんだ。

そのくらいの感覚で、続けていくことがコツかもしれないね!

これを読んですごく楽になった。
そして、楽しそうだなと思うようになった。

日記のように、出来事を自分の考えを交えながら、文章調にメモをとる習慣がある。
そんなんで、いいみたいだった。

長い文章を始めから、書こうとする必要はない。
自分の意見を言いたい時に、メモするように、おしゃべりするように書いていく。

とても良い考え方だと思った。
ほんと、だれかに進めたい気分になってきた!

任天堂「Wii」元企画開発者・玉樹真一郎が考える情報発信の価値
出典:https://mirai.doda.jp/theme/publishing/insight_tamaki/
「未来を変えるプロジェクト」より(検索日 2016.7.5)

カテゴリー: Web記事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です